栄養管理室

    栄養管理室の特徴

    当管理室では、NST活動が盛んになる以前より管理栄養士が病棟にでて活動しています。スタッフは医師や他のコメディカルの協力を得ながら、食事だけでなく輸液、経腸栄養も含めた総合的な栄養管理をできるだけ早く行うことをモットーに日々取り組んでいます。
    病棟活動 栄養相談
    入院病院食 NST

    病棟での活動

    入院患者様に対する当院の栄養管理の流れ


    当院では入院48時間以内にSGA評価スクリーニングにより、栄養状態を評価し、NST介入および栄養管理室介入を行っています。「病棟別に担当栄養士がいる」ことで医師・スタッフが気軽に栄養相談しやすい環境を心がけて活動しています。

     

    栄養相談

     

    外来個別栄養相談(保険診療)

    御退院時や外来診療時に医師の診断に基づく食事療法のご相談を管理栄養士が定期的にお受け致します。
    (糖尿病・高脂血症・肥満・腎疾患他)

    ご予約は診療後、医師からの予約となります。
    栄養相談担当者
    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
    午前 野木 鈴木 鈴木 鈴木 野木
    午後 野木 鈴木 鈴木 鈴木 野木
    (受付時間)
    月~金 9:30~15:30 予約制 20分単位(初回は30分)

    集団栄養指導(糖尿病教室)

    医師、看護師、検査技師、薬剤師、理学療法士とともに2回シリーズで糖尿病教室をおこなっています。

     

    入院病院食

    当院では、Drの指示のもとに、患者さん個々の年齢、性別、病態、栄養状態に応じて食事を提供しています。
    1. 特長
    2. ・一般常食の方は毎日メニューの選択が可能
    3. ・管理栄養士が日々病棟活動を行っているため、状態の変化にも迅速に対応
    4. ・年間10回以上の行事食をはじめ、退院後も実行可能な献立としおいしく食べられる工夫

    NST

    NST活動も積極的におこなっております。(詳細はリンクページ

PageTop