代表電話 
03-3443-9191

健康診断のご予約
健康管理センター
03-3443-9555
*健診のご予約はお電話
(8:00~15:00)
またはWEBページ(常時)で
承っております。

https://yoyaku.takanawa-kenshin.jp/kenshin/

他院の紹介状をお持ちの方のご予約
医療連携・患者支援センター
03-3443-9576
(月~金 8:30~17:00)

外来受診のご予約
予約専用
03-3443-9195
※当日のご予約はできません。
歯科のご予約(紹介状をお持ちでない方)は
代表電話(03-3443-9191)へ
おかけください。
(月~金 8:30~17:00)

訪問看護のお問合せ
訪問看護ステーション
03-5447-5114
(月~金 8:30~17:15)

International Assistance Service外国人患者支援服务 медицинская-помощь-иностранцам
【土曜日休診のお知らせ】
当院は、2017年4月より、人工透析を除く土曜日の診療を休診とさせていただくことといたしました。何卒、ご理解とご協力の程お願い申し上げます。 なお、健康管理センターは従来どおり土曜日も営業しております。
駐車場ご利用方法変更のお知らせ
開錠時間 午前7時30分
当院のご紹介
外来のご案内
休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
地域の皆様へ
健康診断のご案内
連携医療機関一覧
訪問看護のご案内
情報広報誌(うぇーぶ)
個人情報保護方針
輸血の方針
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
寄付のお願い
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標

内科(腎臓)

対象疾患

  • 蛋白尿、血尿
  • 腎炎、ネフローゼ症候群
  • 慢性腎臓病
  • 急性腎障害
  • 腎代替療法(血液透析、腹膜透析)

主たる診療内容と特色

腎疾患全般を対象としています。
  • 蛋白尿、血尿の二次検診を行っています。更なる精密検査が必要か判断します。
  • 腎炎、ネフローゼ症候群が疑われる患者さんには積極的に腎生検を行っています。臨床所見に加え腎生検によって得られた病理所見から今後の治療方針を決定します。
  • 慢性腎臓病の患者さんは約1300万人(成人の8人に1人)いると考えられています。初期には自覚症状がないため早期発見が重要です。慢性腎臓病が進行すると末期腎不全となり透析療法が必要になります。治療は腎機能障害の進行をなるべく抑制することが主体になります。そのため、血圧管理、貧血管理、脂質管理、栄養士による食餌指導などを行います。
  • 残念ながら腎機能障害が進行した場合、透析療法が必要になります。当院では腹膜透析、血液透析のどちらにも対応いたします。腎移植をご希望の場合は他の医療機関をご紹介申し上げます。
 

当院での血液透析をご希望の患者さんへ
外来透析、臨時(旅行)透析をお受けできます。ベッドに限りがございますので事前にご相談ください。
血液透析:月水金 9:00~ 13:30~ 、 火木土 9:00~

平成28年度の主な実績

血液浄化総数 6,072件、血液透析 3,684件、血液濾過 38件、血液濾過透析 2,239件、CHDF 94件
血漿交換 3件、PMX 4件、腹水濃縮 10件

スタッフプロフィール

医師名 資格等 専門分野
得意とする診療領域
今後取り組みたい診療分野
【院長】
木村 健二郎(きむら けんじろう)
木村健 二郎
(昭和49年/東京大学卒)
所属・出身医局:東京大学第二内科
日本内科学会功労会員 認定医・指導医・総合内科専門医
日本腎臓学会功労会員 専門医・指導医
日本高血圧学会功労会員 認定指導医
日本臨床薬理学会指導医
腎臓・高血圧
腎臓疾患一般、高血圧
【医師】
久道 三佳子(ひさみち みかこ)
jinnai_hisamichi
(聖マリアンナ医科大学卒)
最終学歴:聖マリアンナ医科大学院
所属・出身医局:聖マリアンナ医科大学
腎臓・高血圧内科
日本内科学会認定医
総合内科専門医
日本腎臓内科専門医
日本透析医学会専門医
腎臓・高血圧内科
(腎臓・高血圧・透析)
腎臓内科一般、高血圧、生活習慣病
腎炎、CKD診療など
地域の病院の先生方連携させていただきながら精進して参りたいと存じます
【医師】
渡邉 詩香(わたなべ しいか)
jinnai_watanabe
(聖マリアンナ医科大学卒)
最終学歴:聖マリアンナ医科大学院
所属・出身医局:聖マリアンナ医科大学
日本内科学会認定医 腎臓・高血圧
腎臓疾患一般・高血圧
慢性腎臓病・腎炎など、特に外来では
丁寧な説明を、安心していただける診療を心がけていきたいです

メッセージ

腎臓の病気は症状がないことが多いです。進行すれば、腎不全となり透析療法が必要になりますので心配な点がおありの方は、気軽にご相談ください。
内科(腎臓)内科(腎臓)
PageTop