代表電話 
03-3443-9191

健康診断のご予約
健康管理センター
03-3443-9555
*健診のご予約はお電話
(8:00~15:00)
またはWEBページ(常時)で
承っております。

https://yoyaku.takanawa-kenshin.jp/kenshin/

他院の紹介状をお持ちの方のご予約
医療連携・患者支援センター
03-3443-9576
(月~金 8:30~17:00)

外来受診のご予約
予約専用
03-3443-9195
※当日のご予約はできません。
歯科のご予約(紹介状をお持ちでない方)は
代表電話(03-3443-9191)へ
おかけください。
(月~金 8:30~17:00)

訪問看護のお問合せ
訪問看護ステーション
03-5447-5114
(月~金 8:30~17:15)

International Assistance Service外国人患者支援服? медицинская-помощь-иностранцам
【土曜日休診のお知らせ】
当院は、2017年4月より、人工透析を除く土曜日の診療を休診とさせていただくことといたしました。何卒、ご理解とご協力の程お願い申し上げます。
駐車場ご利用方法変更のお知らせ
開錠時間 午前7時30分
当院のご紹介
外来のご案内
休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
地域の皆様へ
健康診断のご案内
連携医療機関一覧
訪問看護のご案内
情報広報誌(うぇーぶ)
個人情報保護方針
輸血の方針
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
寄付のお願い
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標

ヘルニアについて

鼠径ヘルニアとは?

太ももの付け根が膨隆する状態です。ヘルニアの意味は体内の臓器などが、本来あるべき部位から「脱出・突出」した 状態を指します。鼠径ヘルニアは、腹壁の筋膜が弱くなり、その隙間から腹膜や腹膜に包まれた脂肪や腸がとび出してくる病態で、一般的には「脱腸」として知られています。腹部に力を入れると足の付け根が膨隆し、下腹に引っ張られたような痛みを感じます。 逆に、横になると引っ込んだり、指で押し込むと戻るという方もいらっしゃいます。放置すると徐々に膨隆が大きくなり、時にとび出した腸が戻らなくなり血行障害を起こし(陥頓)、腹膜炎で緊急手術となることがあります。

ヘルニアの種類

鼠径(そけい)ヘルニア:外鼠径ヘルニア、内鼠径ヘルニアの2種類があります。一般的に男性に多いとされています。
大腿ヘルニア:大腿輪という足に向かう血管の通り道より内容物が脱出した状態です。中年以降の経産婦に多くみられます。
閉鎖孔ヘルニア:外からの外見には乏しいですが陥頓した場合緊急手術になります。
腹壁瘢痕ヘルニア:手術の傷に沿ってお腹が膨らむ状態です。

ヘルニアの治療

経過観察:軽症の場合は外来通院で観察を行っていきますが、小さくても症状がある場合は治療適応となります。
ヘルニアバンド:膨隆する部位をベルトで抑え込みます。
手術:前方アプローチ法:従来の術式です。最近は、メッシュを使用して腹壁の補強を行います。術後数日間で退院可能です。(全身麻酔、腰椎麻酔、局所麻酔)
腹腔鏡下ヘルニア根治術:全身麻酔下に腹腔鏡を使用して体内から治します。傷は小さいため、痛みも少なく、術後数日間での退院が可能です。(全身麻酔)

ここで腹腔鏡下ヘルニア根治術の症例を御紹介いたします。

主訴:腹痛、便秘 ※本人了承のもとで掲載させて頂いております。

症状写真:左そけい部腫大、右陰嚢腫大傷は3箇所、腹腔鏡を用いてお腹の中から観察しています
左:穴に入り込んだ腹膜をはがしています。右:穴の周囲にある血管から話している所。 下:最後にメッシュを用いて補強します。位置がずれないように固定しています。
上:腹膜を縫って手術終了です。下:手術後2日目に退院。術後1週間後の再診時です。便秘も解消されました。

術後の痛みも少なく、整容性にも優れている術式です。
お悩みの方はぜひともご相談ください。

PageTop