麻酔科

対象疾患

手術麻酔、ペインクリニック外来、腰痛、下肢痛、帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛、肩こり、こむら返り、上肢痛、頸肩腕症候群、頸椎症、脊柱管狭窄症、筋筋膜性疼痛

主たる診療内容と特色

当科では、手術を受けられる患者さんに適した麻酔法を選択しております。
手術実施時の循環、呼吸管理にとどまらず、術後の痛みへの対処もふまえております。また、急性、慢性の痛みの治療を行うペインクリニック外来も開設し、日本ペインクリニック学会認定専門医が担当しております。
なお、術前外来も併設しております。当院は手足の手術も多く、整形外科と連携を取りながら手術室における麻酔でも超音波ガイド下の神経ブロックを積極的に実践しております。歯科麻酔では、最新の呼吸モニターを取り入れ、安全な局所麻酔下の手術をめざしております。

ペインクリニック外来を受診される方へ

ペインクリニックのご紹介1 ペインクリニックのご紹介2
クリックすると大きな画像でご覧いただけます

ペインクリニックとは痛みの治療です。治療法としては主に神経ブロック(ブロック注射といわれます)を行なっています。血液をさらさらにするお薬(抗凝固薬)を普段、飲まれている方には注射による治療はできませんので、その場合は飲み薬をお出ししています。 当科では首より下の痛みの治療を担当させていただいています。

肩こり トリガーポイントブロック(痛いところに局所的に注射します)
肩甲上神経ブロック
腕や手の痛み 腕神経叢ブロック
末梢神経枝ブロック
(正中神経ブロック、橈骨神経ブロック、尺骨神経ブロック)
腰の痛み 傍脊柱神経ブロック、トリガーポイントブロック、硬膜外ブロック
足の痛み 仙骨硬膜外ブロック、神経根ブロック、趾間ブロック
帯状疱疹(後)の痛み 肋間神経ブロック・トリガーポイントブロック、胸部・腰部の神経根ブロック、硬膜外ブロック
こむらがえり 趾間ブロック

受診いただければ痛みの軽減にお役に立てることがあろうかと思います。

手、腕、肩の痛みに対しては超音波機器を用いて注射する方法で神経ブロックを行なっております。こむら返りに関しては内服薬として芍薬甘草湯などが有名ですが、趾間ブロックという効果的な注射があります。1回の注射でこむら返りが起こらなくなった方も少なからずおられます。腰痛、足痛に対しては神経根ブロック、仙骨硬膜外ブロックという注射を主に行なっております。

当科は原則、予約制となっておりますが帯状疱疹などの激痛でお困りの場合などはお電話で御連絡くだされば対応できる場合もございます。 痛みがあると気持ちまで鬱々としてしまいます。痛みの悪循環を断ち切る神経ブロック治療をお受けになってみてはいかがでしょうか?

当外来は毎週木曜日、午前8時45分からです。

麻酔科・ペインクリニック外来  ペインクリニック専門医 齋藤勇一郎

問い合せ先  03-3443-9191(外科外来)

平成25年度の主な実績

超音波で針先を確認しながらの腕神経叢への注射

超音波で針先を確認しながらの腕神経叢への注射

手術件数1,831件(うち、麻酔総件数1,365例)
ペインクリニック外来1日約20人

スタッフプロフィール

医師名 資格等 専門分野
得意とする診療領域
今後取り組みたい診療分野
【部長】
齋藤 勇一郎(さいとう ゆういちろう)
齋藤勇一郎
(平成4年/旭川医科大学卒)
所属・出身医局:東京大学麻酔科
日本麻酔科学会麻酔科専門医・指導医、
日本ペインクリニック学会認定専門医
ペインクリニック、手術麻酔
腕神経叢ブロック(肩こり、腕の痛みなど)、胸部・腰部神経根ブロック(帯状疱疹後痛、下肢痛など)、こむら返りの治療(足への注射)
毎週木曜日及び第1・3・5週の土曜日にも外来を実施し地域・社会に貢献していきます。
【医師】
林 裕美子(はやし ゆみこ)
林裕美子
(平成16年/日本医科大学卒)
所属・出身医局:日本医科大学麻酔科
日本麻酔科学会麻酔科専門医 手術麻酔
手術麻酔
ペインクリニック

メッセージ

 神経ブロックという注射を多用して痛みの治療を担当しております。
 胸部の帯状疱疹には神経根ブロックや肋間神経ブロックという効果の高い注射の治療法があります。
 腹部の帯状疱疹では腹横筋膜面ブロックなど、超音波機器を用いて正確に薬を注入する手技も心得ております。
 また、こむらがえりには足首と足指の近くに注射することによって、症状がピタリと止む方も多くいらっしゃいます。痛みに苦しむ方々の受診を音楽とアロマ付きの部屋でお待ちしております。

痛みを起こしている首の神経への注射

痛みを起こしている首の神経への注射

肩こりに対して トリガーポイントブロック

肩こりに対して トリガーポイントブロック

PageTop