脳神経外科

対象疾患

脳血管障害(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞)、脳腫瘍、頭部外傷(脳挫傷、頭蓋内出血)、慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症など脳器質的疾患、頭痛、痙攣、めまい、手足のしびれなど

主たる診療内容と特色

脳神経外科では、主に脳血管障害(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞)、脳腫瘍、頭部外傷(脳挫傷、頭蓋内出血)など脳の器質的疾患の診断と治療にあたっています。脳血管障害と頭部外傷は急性期に適切な対応が求められます。
当科では、地元救急隊と密接に連絡を取り、他科の協力を得ながら救急医療に鋭意取り組んでいます。特に頭部外傷でも顔面外傷を伴うものに対しては、形成外科と協力して診療にあたっています。
脳腫瘍の治療にあたっては、患者さんの意思を尊重し、QOL(quality of life)を大事にしています。手術では合併症の回避に努めています。
転移性脳腫瘍の治療では、ガンマナイフやサイバーナイフの治療を必要とすることがありますが、その場合は提携する施設と緊密な連絡を取って行っています。
近年普及してきた脳血管内手術に関しては、東京女子医大からの派遣により、脳動脈瘤のコイリング術、頭部血管狭窄のステント術等を行っています。
高齢化に伴い慢性硬膜下血腫と正常圧水頭症の患者さんが増えていますが、手術を含め適切に対応しています。
外来部門では、頭痛、痙攣、めまい、手足のしびれなどの診察も行っています。また慢性期脳血管障害や頭部外傷そして脳腫瘍の術後フォローも外来の大きな柱のひとつです。これらの患者さんでは、高血圧、脂質異常症、虚血性心疾患の合併がよく見られますが、他科と協力して適切な治療を行っています。

地域のみなさんへのメッセージ

脳神経外科と聞くと、「頭を開ける」、とイメージされ少しこわい印象をお持ちになるかもしれません。
しかし実際は頭痛やめまいそしてけいれんなど誰もが遭遇する症状をみる診療科です。
高齢化社会になって脳梗塞、よろけての頭部打撲と慢性硬膜下血腫、そして最近治る認知症としてクローズアップされている正常圧水頭症、の患者さんが多くなっています。
これらの症状や病気が心配でしたら気兼ねなく当科におかかりください。

平成26年度の主な実績

手術件数  99例
(そのうち開頭術による腫瘍摘出術や脳動脈瘤クリッピング術は29例)

スタッフプロフィール

医師名 資格等 専門分野
得意とする診療領域
今後取り組みたい診療分野
【副院長・部長】
日山 博文
(ひやま ひろふみ)
日山博文
(昭和59年/札幌医科大学卒)
日本脳神経外科学会専門医・指導医 脳腫瘍、脳血管障害
脳腫瘍全般の手術、くも膜下出血の手術治療
慢性期脳梗塞の薬物と手術治療、正常圧水頭症の診断と治療
【医師】
竹田 信彦
(たけだ のぶひこ)
noimage
(平成17年/京都府立医科大学卒)
所属・出身医局:東京女子医科大学脳神経外科
日本リハビリテーション学会認定臨床医
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
定位機能外科学会技術認定医
機能的脳神経外科
筋肉の突っぱり(痙縮)、難治性の痛み、手のふるえ等不髄意運動などの外科治療
脳卒中、頭部外傷などの救急疾患とともに、上記の機能的疾患の診療も取り入れていきたい。
(機能的脳神経外科診療についてはこちらをクリック)
【医師】
佐々木 綾香
(ささき あやか)

(平成23年/東京女子医科大学卒)
所属・出身医局:東京女子医科大学脳神経外科

BLS、ACLS 脳神経外科一般
PageTop