内科(消化器・肝臓)

対象疾患

  1. 消化管疾患:胃・食道・大腸の早期/進行がん、大腸ポリープ、胃・十二指腸潰瘍、ピロリ感染性胃炎、逆流性食道炎、炎症性腸疾患、大腸憩室出血・憩室炎、腸閉塞
  2. 肝疾患:急性/慢性ウィルス性肝炎、脂肪肝、自己免疫性肝疾患(自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変など)、肝硬変、肝細胞がん
  3. 胆膵疾患:胆石症(胆嚢・胆管)、胆道がん(肝内・肝外・胆嚢)、硬化性胆管炎、膵炎(急性・慢性・自己免疫性)、膵嚢胞(IPMN)、膵がん

主たる診療内容と特色

より専門的な視点を要する疾患については、それぞれ消化管・肝臓・胆膵を専門とする医師が、高度の技術で、安全かつ確実な診断および低侵襲治療を行っております。
消化管領域では、通常のスクリーニング内視鏡から早期がんの発見に力を入れ、隙のない内視鏡診断を行うとともに、診断した早期がんに対しては、内視鏡下粘膜剥離術(ESD)を行っています。
胆膵領域では、超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA)を導入し、より確実な診断を行っています。ERCPでも大結石に対する大バルーンを用いた乳頭拡張術などの工夫により、ほとんどの胆管結石を1回の手技で完全に除去するなど、斬新な治療法を用いた取り組みを続けています。また、毎週金曜午後に胆膵専門外来を始め、より重点的に診療できる体制を整えました。
肝領域では、ウィルス性肝炎に対するインターフェロンなどの抗ウィルス治療や、肝細胞がんに対する動脈塞栓術(TAE)、ラジオ波焼灼療法(RFA)、分子標的薬治療など、病態に応じた治療を行っています。また、重症肝炎に対しても、より早く劇症化を予知し、血漿交換療法を含む積極的な治療を行っています。

地域住民、患者さんへのメッセージ

港区には病院が多いです。東京高輪病院は若干規模が小さいためか、「大きくて有名な病院の方がよいのでは」と考える患者さんも多いと思います。しかしながら、ネームバリューに劣っていてもどうやったら患者さんに選んでいただけるかを常にスタッフ一同が考えています。
大規模病院に比べれば何事においても対応は早く、内視鏡やエコー、CTなどの検査もかなり早く予約が取れる方の病院です。救急や時間外来受診の場合もまず断られるようなことはありません。土曜日も営業しています。スタッフは疲れますが、患者さんにとっては、便利でかかりやすい病院ではないかと思います。
東京高輪病院を、東京高輪病院の消化器内科を受診してよかったと思っていただける患者さんがますます増えるようこれからも頑張ります。よろしくお願いいたします。

平成25年度の主な実績


診察の様子
上部消化管内視鏡検査 2,728件
下部消化管内視鏡検査 1,430件
超音波内視鏡検査 78件
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術) 40件
RFA(肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼術) 58件
TACE(肝動脈塞栓術) 30件
ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)関連検査・治療 151件
EUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺吸引生検) 26件
ESWL(体外衝撃波) 21件

スタッフプロフィール

医師名 資格等 専門分野
得意とする診療領域
今後取り組みたい診療分野
【管理部長】
前川 久登(まえかわ ひさと)
前川久登
 

(昭和60年/東京大学卒)
所属・出身医局:東京大学消化器内科
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本肝臓学会専門医・指導医
東京大学消化器内科非常勤講師
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
肝疾患
肝疾患
成人病としての肝疾患について取り組みたいと考えています。
【部長】
平野 賢二(ひらの けんじ)
平野賢二
 

(平成7年/東京大学卒)
(最終学歴:東京大学大学院)
所属・出身医局:東京大学消化器内科
日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
消化器内科
特に胆膵疾患
胆膵疾患全般。膵癌、胆管癌から稀な胆膵疾患に至るまで対応可能です。大学での研究テーマは「自己免疫性膵炎、原発性硬化性胆管炎、IgG4関連疾患」でした。
胆膵領域の内視鏡治療、癌治療に幅広く対応できるよう努めます。
【医師】
田上 靖(たのうえ やすし)
田上靖
 

(平成15年/東京大学卒)
(最終学歴:東京大学大学院)
所属・出身医局:東京大学消化器内科
日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医 肝疾患
慢性肝炎(B型肝炎・C型肝炎・自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変、NASH等)、肝硬変、肝細胞がん、転移性肝がん
【医師】
毛利 大(もうり だい)
毛利大
 

(平成15年/北海道大学卒)
(最終学歴:東京大学大学院)
認定内科医、消化器内視鏡専門医、消化器病専門医
がん治療認定医
消化器内科
特に胆膵領域
胆膵疾患における内視鏡治療、胆膵癌に対する化学療法
超音波内視鏡を用いた精度の高い検査を行います
【非常勤医師】(元院長)
戸田 剛太郎(とだ ごうたろう)
syouka_naika.toda
 

(昭和38年/東京大学卒)
(最終学歴:東京大学大学院)
日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、東京慈恵会医科大学客員教授 消化器内科
特に肝臓内科
肝疾患、特に自己免疫性肝疾患
【非常勤医師】(前院長)
与芝 真彰(よしば しんしょう)
与芝真彰
 

(昭和45年/東京大学卒)
所属・出身医局:東京大学消化器内科
日本内科学会指導医、日本消化器病学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医・指導医、昭和大学客員教授
重症肝炎
B型・C型肝炎、劇症肝炎の治療
医療と仏教の結合
【非常勤医師】
笹平 直樹(ささひら なおき)
 

(平成7年/東京大学卒)
(最終学歴:東京大学大学院)
所属・出身医局:東京大学消化器内科
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本胆道学会指導医
日本がん治療認定医機構認定医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
胆膵疾患
EUS/ERCP/PTBDなどのインターベンション、胆膵癌に対する化学療法
病診連携による膵嚢胞・膵癌健診を構築したいと思っています。
超音波内視鏡およびERCPを用いた低侵襲診断・治療を行います。
PageTop