下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤とは?

足(=下肢)の静脈が太く浮きでているものを「下肢静脈瘤」といいます。
下肢の血液は、足の運動によって心臓に戻っていきます。
下肢静脈瘤の種類:一次性、二次性、蜘蛛の巣状/網状/側枝型/伏在型
また静脈には、血液の逆流を防ぐための弁がついていて、血液が重力に負けて下へ引かれ逆流しないようにくい止めています。この逆流防止弁は、足の付け根や膝の裏など、太い静脈血管の合流部で壊れやすく、これが原因で血液は逆流し、足の下の方に血液が溜まり(うっ滞)、静脈がこぶのように膨らむのです。
下肢静脈瘤は「弁」異常。
症状としては下肢のむくみ、だるさなどのほか、下肢がつりやすくなったりもします。
時間の経過とともに色素沈着、皮膚潰瘍ができたりもしますので、早めの治療が望まれます。 お気軽にご相談ください。
下肢静脈瘤の関連因子。高齢者 静脈壁の脆弱化/立仕事 腹腔内圧上昇 静脈還流障害/肥満 腹腔内圧上昇/便秘 腹腔内圧上昇/妊娠・出産/家族歴/女性

当院で行っている治療法を紹介します。

弾性ストッキング

医療用の弾性ストッキングや弾性包帯で、下肢に適度な圧力を与えることで下肢に余分な血液がたまることを予防し、下肢の深部にある静脈(深部静脈という下肢静脈の本幹)への流れを助けます。
圧迫療法は、あくまでも症状軽減・進行防止が目的で、下肢静脈瘤そのものが治るわけではありません。しかし、下肢静脈瘤の治療上とても重要です。
静脈瘤の患者でなくても手足のむくみでお悩みの方もご利用できます。
日本静脈学会の『弾性ストッキングコンダクター』の資格も持っているスタッフも在住です。
それぞれにあったストッキングを選ばせて頂きます。
ストッキングコンダクターのスタッフがその人の足にあったものを提供させていただきます。
値段も1セット3,000円から5,000円くらいです。
使用の様子

硬化療法

硬化剤を血管内に注入し、静脈の内側の壁と壁をくっつけて、血栓をつくり詰めてしまう方法です。基本的には細い血管に対して行います。網目状静脈瘤、クモ状静脈瘤がいい適応です。
外来で日帰り治療が可能です。

ストリッピング手術 (静脈抜去術)

下肢静脈瘤の根治的な治療法で、弁不全をおこしている静脈を引き抜いてしまう手技です。全身麻酔、腰椎麻酔で行っている施設が多いですが、当院では局所麻酔で行い、翌日以降退院可能です。小さい傷数か所で行うため傷跡もほとんど目立ちません。根治治療であるため症状が軽快するのがよくわかります。
気になる手術の値段ですが、入院費含め
1割負担ですと約30,000円です。
3割負担ですと約80,000円です。

レーザー治療・ラジオ波の手術

当院は下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医、実施施設認定において、血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会より平成27年8月9日に認定を受けました。
下肢静脈瘤における血管内焼灼術治療とは、逆流している大伏在静脈の中にファイバーを通し、レーザーまたはラジオ波にて血管の内側から静脈壁を焼くという治療法です。焼かれた血管は硬化し細くなり、血流が完全に遮断されるため、従来のストリッピング手術(抜去手術)と同じ効果が得られます。

ストリッピング術に比べ出血も少なく、数ミリの傷が1か所つくのみです。

「診療報酬点数表・下肢静脈瘤血管内焼灼術 14,360点」になりますから
費用(料金)は143,600円です。
健康保険で3割負担でしたら約43,000円です。
健康保険で1割負担でしたら約14,600円です。
(この他に初診料、麻酔費用、検査料、入院費用等がかかります。)

geka_1

geka_2

geka_3

治療例

症例 70歳 女性
症例 50歳 男性
geka_3
PageTop